テープ起こし、ここが好き!

テープ起こしで社会貢献。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 無言の力 | main | パソコン周辺やコードにたまるホコリ >>

看護・介護専門テープ起こし

1
 厚生労働省は平成24年7月26日、「平成23年度介護給付費実態調査の概況」を公表しました。

それによると、平成 23 年5月審査分から平成 24 年4月審査分における介護予防サービス及び介護サービスの年間累計受給者数は、51,806.4 千人となっており、対前年度増減数 2,533.6千人となっています

また、年間実受給者数(平成 23 年4月から平成 24 年3月の各サービス提供月の介護予防サービスまたは介護サービス受給者について名寄せしたもの)は 5,173.8 千人となっています。対前年度増減数 245.6千人です。(出典はこちら

急速な高齢化が進むわが国においては、介護、医療、看護の向上が課題です。病院には、物忘れ外来科、老人科、老人性痴呆疾患センター、予防医学センターが設けられているところがあります。大学の看護学部や研究機関では、医師、看護師、介護士、福祉士、OT、PT、ST、ホームヘルパー、高齢者家族にインタビューを重ね、より理想的な医療、看護、介護に向けた地道な研究が進められています。

看護・介護・高齢者関連のテープ起こしは、看護・介護専門スタッフがいる当方にお任せください。時間と根気を要するテープ起こしをプロにアウトソースすれば、クライアントは、その分、研究と分析のみに注力することができます。そして、その研究成果が日本の将来のために結実することを、テープ起こし「テープのリライトKouBou」は祈っております。


キーワード:テープ起こし,看護,介護,医療,高齢

テープ起こし | permalink | - | - | - |
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE